カミソリ脱毛での処理

自宅での脱毛をする手段の一つに、カミソリでの脱毛方法があります。
カミソリでの脱毛は色々な薬や道具を必要とせずに除毛する形での方法になるので、金額的にも技術的にも誰にでも行いやすいというメリットもあり、多くの方が行っているムダ毛処理の一つとなっています。
しかし、私的な手段故にリスクを伴うことがあり、カミソリでのムダ毛処理は、気をつけなければいけないことが沢山あります。
間違った処理で、綺麗に保てる筈の肝心のお肌を傷めてしまってはいけません。
カミソリでのムダ毛処理における注意点に意識しながら、カミソリで脱毛した後のお肌のアフターケアにも気を付けていきましょう。

カミソリによって起こる肌トラブルは、カミソリで剃ったことで肌を傷つけてしまう懸念です。
ムダ毛だけ処理をしようとしていても、やはり尖った刃が皮膚を痛めてしまいます。
そして、お肌への刺激によって黒いメラニン色素が生まれ、黒ずんだお肌になってしまいます。
その他に起こるのが「埋没毛」であり、お肌の下に毛が埋まった状態で伸び、見た目が悪いだけでなく皮膚の炎症を引き起こすことがあります。
これも、カミソリによって毛穴や皮膚が削れることによって起こる肌トラブルの一つです。
また小さな傷によって炎症、細菌の感染による化膿も起きる場合がありますので、特にお肌の弱いデリケートゾーンにはカミソリで脱毛せずに、サロンなどに行って適切な処理をして頂くようにしましょう。